音楽

大阪クラシック #osaka_phil

去年は最終公演のみでしたが、今年は最終公演を含めて3回行ってきました。

9/6(火)には、印鑑証明を取りに行く用事があって法務局の北出張所へ。帰りに京阪なにわ橋駅地下でやっている第30公演(弦楽四重奏)へ。
結構な人だかりができていて、20分くらい聴いてましたが、ケータイで呼び出されたため中座。

9/7(水)は仕事を終わってから第48公演(チェロアンサンブル)へ。場所は梅田阪急ビルオフィスタワー(早い話が阪急百貨店の上)15階スカイロビー。新しい建物でもあるので、その見物も兼ねてか、これまた凄い人。もちろん立ち見でしたが、なんとか3人程度の頭が見える程度でした。でも、音はちゃんと聞こえて来ましたよ。

そして、最終日9/10(土)。会社に行くより早起きして(苦笑)、市役所へ行き整理券をゲット。8時30分配布開始でしたが、8時30分に来た人には立ち見券も残っていないという人気ぶりでした。やはり、大阪人はタダに弱いcoldsweats01

で、開演は19時30分から、淀屋橋の三菱東京UFJ銀行(旧東京銀行)の1階です。座席券があるので、余裕をかましてギリギリに行きましたが、みなさんおおよそ着席しておられました。もちろん、超満員です。

コンマス・長原さんが登場してチューニングし、指揮者の大植監督が登場して、マイクを利用して演奏曲目のエピソードを紹介してくれました。普段の演奏会だと、自分で勉強していかないといけない部分を話してくださり、さらに埋もれていそうなエピソードを、演奏する前に教えてくれたので、音楽へスムーズに、深く入っていけました。

あと、去年までは早口で聞き取りにくかった監督の話が今年は非常に聞き取りやすかったです。

1曲目はリストの交響詩「レ・プレリュード(前奏曲)」。何の前奏曲かというと「死」への前奏曲。つまり人生のすべてを表す曲なのです。
この曲はナチに使われてたので、戦後ドイツではなかなか演奏される機会がなかったそうです。
で、なんと、戦後初めてドイツで演奏したのが監督だったそうで、聴衆がすごく喜んでくれた、と感慨深そうに仰ってました。曲には何の罪もありませんからねぇ。


2曲目は淀工がたびたびコンクールで演奏してそのたびに金賞を取るので、吹奏楽関係者にとってはおなじみの「大阪俗謡による幻想曲」。この曲はもともと大フィルのホルン奏者(大栗裕)が作って、朝比奈先生がベルリンフィルを振りに行くときに持って行った曲です。で、ベルリンで評判になったので、原譜はそのままベルリンで門外不出扱いになってしまい、大阪に帰っても演奏できない、と言う自体になってしまいました。今ある譜面は、大栗さんの記憶を元に書き直したものです。

今回、大植さんでは初めて演奏されることになり、期待も高まっていました。が、期待に違わない素晴らしい演奏でした。天神祭のコンチキや、生国魂神社をはじめ市内各所の神社のお祭りで演奏されるピッコロのメロディ。まさに、大阪が世界に誇れる曲です。
ちなみに、淀工の演奏はコンクールの制限時間内に納めないといけないのでカット版。
フルバージョンで管弦楽版というのは、なかなか聞けませんので、貴重な体験でもありました。

3曲目はレスピーギの「ローマの松」。監督が教えてくれたエピソードは「アッピア街道の松」について。
この部分は古代ローマ軍がアッピア街道を凱旋するのを偲ぶ、壮麗な曲ですが、レスピーギ本人が出した手紙で「実はあの部分だけは桜をイメージして作った」そうでした。また、決して戦争礼賛の曲ではない、とも。監督がどこでその手紙を入手してきたのかは謎です。

「松」に関しては、今まで色んな演奏を聴いてきましたが、この夜のが最高でした。出だしのハーモニーのキレイなこと。カタコンブTpソロの美しさには涙があふれてきました。そして、アッピアのド迫力。後ろの方の席だったので、バンダの音が凄かった。後頭部にガチャーンと当たる感じでした。ブラボー!

アンコールは唱歌メドレーと八木節(管弦楽のためのラプソディ)でさらに盛り上がって、エンディング。

一流のプロの一切手抜きしない演奏が、タダで聴ける。これが、人気の秘密なんでしょうね。

このイベントを始めた大植さんは音楽監督としては今年で卒業。また、タッグを組んで盛り上げられた平松市長もどうなるかわからない…。と、このイベントも今後どうなるやら、不安ではありますが、是非末永く続けてもらいたいイベントです。まさに、大阪が世界に誇れるものの一つです。
取りやめるんなら、引っ越して大阪市に税金納めるの、やめまっせcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永遠に…キヨシロー!

さっき、昨晩録画しておいたNHKの忌野清志郎特番「SONGS」を観ました。

本当に、いなくなってしまったの?

というのが正直な感想です。

イズミちゃんと同じ気持ちです。

喉頭ガンを患ってから、つかの間の復活をしたときの映像でしたけど、

昔と全然変わってないなぁ…、と。

一時、高音が全然伸びなかった時期があったけど、

すごい力強かったし。本当に昔と変わってなかったなぁ。

「雨上がりの夜空に」 「スローバラード」 アンコールの「上を向いて歩こう」

昔の歌を聴くと、涙が止まりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アナログデータのデジタル化にハマる

先日、オーディオコンポなどからPCへアナログ音を流して、デジタル化しメディアプレーヤーやiPodなんかに取り込めるようにするメカを導入しまして、昔から大事に持っていたレコードをパソコンに取り込んでます。

CDからパソコンに取り込む作業に比べると、ちょっとばかり面倒くさいんですが、昔テープにダビングしていたときに比べれば、ずいぶんとマシで、適度な面倒くささが却って楽しかったりします。

とりあえず、真っ先にわが青春の記録ともいうべき定期演奏会やコンクールのレコードを、と思っていたんですが、あまりにも大事にしすぎて(?)大半がどこに置いたのかわからず、という状態…。

とりあえず、その他大勢(?)のレコードを久しぶりに取り出して聴きながら作業してますが、その中に1枚だけ3回生の時のレコードがありました。

この年は幹部(4回生)が6名だけと人数が少なく、指揮者を3回生から出したんですが、本来幹部を支えるべき3回生が力不足で何も出来ず、4年間で結果的にも内容的にも一番悔いの残る年でした。

そういうネガティブな思い出もあって「その他大勢」に入れてしまったのかもしれません。

それとは別に、これもまた青春の一ページともいうべきレコードが出てきまして…。

Kankwandouritu それが、こちら。

関関同立の応援団が一堂に会し、普段は脇役にすぎない応援団が主役となって演舞を披露する、というイベントが行われていたわけですが、これはその模様の音源をレコードに残しておこうという暴挙素晴らしい企画なのでした。

当時確か1回生やったと思います。

配布ではなく、買わされましたcrying しかも、3枚もcrying 1枚しか残ってませんがcoldsweats01

もう、いくらやったか忘れましたけど…。

改めて聴いてみると、これがスゴイcoldsweats01

特にミキシング。吹奏楽の演奏は小さめ、指導部のシャウトと太鼓が大音量で響いてきますcoldsweats01

まさに、応援団指導部のためのレコード。

こんなん買うのに、いくら払わされたんやろcrying

バトン部(現チアリーダー部ドルフィンズ)も買わされたんやろか…。

彼女らは、何の音も入ってないのにcoldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

半世紀の歴史に幕~大阪フェスティバルホール

Dvc00062 1958年以来、数々の名演を生んできた大阪フェスティバルホールが、

本日の大植英次指揮大阪フィルハーモニー交響楽団による演奏で幕を閉じました。

今日の演目はベートーベン作曲交響曲第9番のみ。

やっぱ、年末は第9を聴かないとね。と、えらそうなことを言いつつ、生で第9を聴くのは生まれて初めてでした。

フェスに着くと、偶然にも大学時代の2つ下の後輩とバッタリ。誰も考えることは一緒で、彼も「やっぱり最後やから」と言ってました。彼は現役時代、指揮者だったので、「まあ、私は何と言ってもあのカラヤンと同じ指揮台に立ちましたから」と自慢されてしまいました。

仕方がないので「まあ、オレは【浪速のカラヤン】(大フィルの元チューバ奏者・唐川集三さんのこと)と同じ舞台に立ったけどな…」と、マニアにしかわからないような負け惜しみを…。

で、座席はなんと、一番前から2列目coldsweats01

ポップスなら喜ぶべき席ですが、クラシックの場合、バイオリンの壁に妨げられて、管楽器はもちろん、ソリストのシンガーも見えにくいという状況。

でも、音は最高に良かったです。目の前がバイオリンなんで、特にピアニシモが最高に綺麗でした。で、あんな真ん前の席なのにフォルテシモになってもサウンドのバランスが崩れずに聞こえる、というのはホールの実力でしょうなぁ。

毎度お馴染みのあのメロディがチェロとベースで始まったときは、涙が出てきました。

そのメロディで、合唱団と交響楽団が協奏して最高に盛り上がる部分では、大植さんは指揮台の上で観客の1人となってましたcoldsweats01。あれで全くアンサンブルが崩れないのはオケの実力ですな。

そして、アンコール前に大植さんから挨拶。なんでも50年前にこけら落としをしたときに演奏したのが大フィルの前身。そのときは、ベートーベンで始まったそうです。なので、フェスの幕もベートーベンで、と思っていたそうです。そして、こけら落としの際のメインがエルガーの威風堂々だったということで、アンコールは威風堂々。

そして、マーチの部分は大植さんが観客を煽って手拍子を…。万雷の手拍子の中迫力満点の、そして万感を込めた威風堂々が終わって、終幕しました。

たった2曲だったけど、おなかいっぱい感があり、大満足でしたが、最後の最後にサプライズが…。

第9の終了後舞台から降りていた合唱団が、終演のアナウンスの後「蛍の光」を舞台裏からアカペラで合唱…。観客席の有志も合唱に加わり、舞台袖からは大植さんが顔を覗かせて、これが本当の最終曲になりました。

ステージの上も観客席も一体となった素晴らしいコンサートでした。

最後に、ほんとうにありがとうございました>大阪フェスティバルホール。

Dvc00058

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なごり雪

Dvc00017

私は、何を隠そう鬼束ちひろさんの大ファンでして、今年出た新作DVDを毎日のようにPCで再生しては聴いています。

このライブDVDでは、イルカの名作「なごり雪」をカバーしているのですが、ゴンちゃんはこの曲が大好きで、このごろでは私がDVDを再生させようとする前に「なごり雪聴きたい」とせがんできます。

当然意味なんか全然わかってないでしょうけどね。(^_^;)

なごり雪が終わっても、「も一回聴きたい」と言うこともなく、他の曲もおとなしく聴いてくれるのでありがたいことです。

当然ながら、鬼束ちひろの深くて重い世界観なんかまるっきりわかんないでしょうが…。(^_^;) (私もあまりわかってないけど)

娘とは、「顔が似てきた」という噂も小耳に挟みますが、音楽の趣味も結構似通っているのかも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショック…

もう、星野JAPAN の敗退なんかどっちでもエエと思えるほどショックなことがありました。

2週間前、甲子園期間中に「母校が県大会を勝ち抜いて、関西大会に出場を決めました」と書いた吹奏楽コンクールのことです。

昨日滋賀県守山市でその関西大会が行われ、母校は銅賞…。

いや、星野JAPANは銅ももらえなかったで、と仰る向きもあるかと思いますが、吹奏楽コンクールでは全団体に金銀銅のいずれかが渡されます。

つまり、金=うまい、銀=並、銅=へたっぴ、と言われているようなもんなんですわ。

私が3回生の時、それまで24年連続で全国大会に出場していたのが、関西大会で銀賞に終わってしまい、目の前が真っ暗というか、呆然としてしまってどこをどうやって歩いたのかも全く覚えていないような状況になったのを思い出しました。

現役諸君はどういう思いで受け止めてるのかな…。

ショックやろうけど、(特に下級生は)真摯に、逃げずに受け止めて、復活をめざしてほしいな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェロ君

話題の黒人演歌歌手ジェロ君ですが、彼の歌を初めて聴きました。

普段なら野球(阪神戦)がつけられているヨメ実家のTVですが、今日はあいにくの展開coldsweats01だったため、「歌謡ショー」にチャンネルチェンジされていたわけです。

しかし、日本語のうまさは聞きしにまさるものがありましたな。そこら辺のギャルよりよっぽど正しい発音で、しっかりした受け答えしてます。

歌の方は、演歌と言うよりはムード歌謡といった方が近いかと思いました。

その歌に合わせたダンスは本格的で、歌とのギャップも見所なんですかね。

目標は紅白出場と言ってましたけど、既に当確でしょ。

今から楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フェスティバルホール

300pxfestival_hall01_2048  今年は広島市民球場が取り壊され新球場に移転し、大阪のシンボルの一つ「くいだおれ」も閉店と、色んなものが節目を迎えているが、日本が世界に誇る名門ホール・大阪フェスティバルホールも誕生50周年の今年いっぱいで現在のホールを閉鎖し、建て替えを行うらしい。

 ホールというのはある意味楽器の一種であって、今と同じような設計配置を行っても同じような音響効果が得られるとは限らず、甲子園カップでもおなじみの星崎研二さんが敬愛してやまない山下達郎氏も「ここを壊すのはカーネギーホールやオペラ座を壊すのと同じこと。愚行です!」と語っているそうだ

 新しいホールがどんなホールになるのか楽しみでもある反面、私自身学生時代にこのホールで4年間定期演奏会を行っていたので、非常に思い入れもあって寂しい思いの方が強い。

1回生の時、大学に入って楽器を始め、わずか3ヶ月ばかりで初めてフェスのステージに立った(当時は部員不足だったのだcoldsweats01)。当時はフェスの価値もわからず、実際に吹けたのは最後の曲の最後の長音(実音ド)だけ。2時間足らずステージにいて音を出したのはたったの2~3秒だったけど、それでも感激してなかなか寝付けなかったのを覚えてます。

という個人的な感慨を置いても、山下達郎氏の意見に賛成ですわ。何とかならんもんですかねぇ。

とりあえず、今年中には「お別れ」(にならないことを切に祈りつつ)にクラシックのコンサートにでも出掛けたいなぁ…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

宣伝

46thposter今年も、後輩達の定期演奏会の季節がやって参りました。

昨年は、オープンしたばかりの兵庫県立芸術文化センター大ホールで行い、ホール見たさに大勢の観客が詰めかけ、やむなくお引き取り願ったお客さんもいらっしゃったようです。(週末だったか祭日だったか、日取りがよかったのもあります)

今年は、例年開催しております大阪中之島のフェスティバルホールに場所を戻して行う予定のようです。

日時・演目等詳細は、こちらまで

今年は、キャパシティが大きくなる上、月曜開催とあって、苦戦が予想されております。

もし「いってみようかな」 という方がおられましたら、是非一度聴きに行ってやってください。たまにはクラシックも良いもんですよ。

なお、このページをご覧になった方、先着3名様まで「Hなブログ見たよ」の合い言葉でご招待させていただきます。手元にあるチケットを差し上げます。

コメント欄に入力するか、メールを頂ければ、折り返しチケットを送付させていただきますので(ま、誰もいないでしょうけど(^_^;))。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

大序曲「1812年」

今日、ヤフーニュースで自衛隊が大砲を使ってコンサートをやる、というのが目についた。

「大砲を使うと言えば、”1812”かなぁ」と思ったら当然その通りであった。

チャイコフスキー作曲のこの曲は、ナポレオン率いるフランス軍のロシア遠征を【そのまんま】曲にしたものだ。大砲が用いられるのは、クライマックスの部分で、冬将軍率いる(^_^;)ロシア軍がフランス軍を撤退に追い込んでいる場面を表している。

聴いて頂ければわかるが、フランス国歌がどんどんかき消されていっており、まさにそのまんまである。

この音源は、モントリオール交響楽団のものだがおそらく本物の大砲が使われているようである。が、コンサートでやる場合は、普通大太鼓で演奏される。そもそも、プロの音楽家で大砲が扱えるものがいるとは思えない(^_^;)。

実は私が大学の時も、一度この曲をやろうと練習したことがある。本番は「2000人の吹奏楽」(現:3000人の吹奏楽)。今でこそ京セラドームで開催されているが、当時は西宮球場(スタジアムではない)で行われていた。

当然大砲を扱えるものはいないし、そもそも大砲なんか使えない。

だがそこは「應援團」。大太鼓を大きな音で叩くことに関しては、鼓手の右に出るものはいない!

ただ、普通は大きな音で叩くだけで、リズム感などかけらもないのが普通だが、当時の鼓手長(副団長)はKG史上初、指揮者の棒を見てリズムもきちんと乗せて叩ける鼓手だった。

通常、どの大学でも吹奏楽部のコンサートに指導部(いわゆる応援団そのもの)が奏者として出ることはあり得ない。そのあり得ないことが企画され、準備もし、これなら観客の度肝を抜くことも出来るだろう、と思ったのだが、残念ながら雨で流れてしまった(一日順延)。

翌日は副団長の都合がつかず、普通の演奏になってしまった。

しかも、当時はオフ(クラブの休み)は月に1日あるかないかで、初日雨で流れなければ予備日は貴重なオフのはずだったのだ(;。;)。

学生のクラブにも労基法を適用して欲しかったな(^_^;)アホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)