« 【大学ラグビー】関学、2年連続関西制覇 | トップページ | 甲子園ボウルは関西大学カイザーズ »

いよいよ甲子園ボウル

大学フットボールの総決算・甲子園ボウルは明日場所を聖地・甲子園球場に戻して行われます。

今年で第64回を数えますが、これまでは「東西大学王座決定戦」として、関西リーグの優勝校と関東リーグの優勝校が対戦していました。実質上はこの試合の優勝校が大学日本一だったわけですが、今年から装いも新たに全国の大学に門戸を開いて、選手権決勝として生まれ変わりました。

今年は、東からは常連の法政大学トマホークス。リーグ戦で明治、クラッシュでは早稲田と強豪を破って2年連続の登場となりました。

西からは第2回以来2度目の出場となる関西大学カイザーズ。リーグ戦で関学、立命を連破し、下馬評を覆しての登場となります。

戦力的には法政がやや有利かもしれませんが、関大にも地の利があります。

ただ、これまでの京大や立命と違って、突然勝ち上がってしまった関大は集客力に不安があり(関学に勝って、急遽会場が京セラドームに変更となり注目された立命戦も7千人でした)、どの程度地の利が働くか…。

先日日経新聞の文化面で、大先輩の古川さん(元関西協会理事長)が、甲子園ボウルの記事を書かれておられました。

「koshienbowl_kiji_nikkei1.pdf」をダウンロード

この記事で紹介されている39回大会(日大42-42関学)が、大学1回生の時。生まれて初めて生で見たアメリカンフットボールでした。初めての試合がこんなんだから、ハマってしまうんですな

さて、今年はどうなるでしょう。

選手権化の恩恵として、今年はNHK-BSで生放送されます。

私は、テレビで永遠のライバル・関大の健闘ぶりを観戦します。

|

« 【大学ラグビー】関学、2年連続関西制覇 | トップページ | 甲子園ボウルは関西大学カイザーズ »

アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ甲子園ボウル:

« 【大学ラグビー】関学、2年連続関西制覇 | トップページ | 甲子園ボウルは関西大学カイザーズ »