« 永遠に…キヨシロー! | トップページ | 完敗。 »

一昨年は麻疹、今年は新型インフル

新型インフルエンザのため、神戸市内にある大学の課外活動(クラブ活動)は、全面的に禁止になっているようです。
その余波で、本日開催予定だったアメフトの立命館大学×神戸大学の試合も中止だそうで。

まあ、春は野球でいうオープン戦のようなものではありますが、それでも新チームの仕上がり具合を見極める重要なステップでもあるだけに、その影響も心配されます。

一昨年は関学が麻疹で春の対松下電工戦(現パナソニック電工)を流してしまって、そのシーズンのライスボウルで惜敗した後「春に一度対戦出来ていたらもう少し違っていたかも」と悔いを残したこともありました。

まあ、しかし今年は(今年も)立命館の強さは図抜けて見えますから、そんな影響は何も関係なさそうです。

わが関学は、立命が圧勝・一蹴した日大相手に逆に圧倒されつづけ、終盤何とか14-9と逆転勝ち。
昨日行われた春の関京戦でも、同じように試合内容は終われ続けながら、4Qに逆転してスコアも似たような14-10と逆転勝ち。

立命にパワーで対抗する、という目標には遠く及ばない現状のようです…。

この情勢だと、関学の課外活動も、時間の問題で休止になりそうですし。

立命や法政、日大からはたくさん選ばれている日本代表候補に2人しか選ばれていない、というのが今年のチーム状態を表しているような…。

|

« 永遠に…キヨシロー! | トップページ | 完敗。 »

アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一昨年は麻疹、今年は新型インフル:

« 永遠に…キヨシロー! | トップページ | 完敗。 »