« 謹賀新年 | トップページ | 12月度 検索ワード/フレーズランキング »

ライスボウル(結果追記)

今シーズンのアメフトも、いよいよ大詰めです。
本日14:00より、東京ドームにてライスボウルが行われます。
(さすがに今年は行きません。TV観戦します)

対戦は、2年連続出場で王朝を築いた感のあるXリーグ覇者パナソニック電工インパルスと
下馬評を覆して学生界を独走した立命館大学パンサーズ。

前哨戦となった共同記者会見では、立命OBでもある電工の山中主将やQB高田が、古巣の監督をからかうような発言を繰り返し、完全に社会人に軍配が上がっていたようです。
(昨年、松下電工×関学のときは、電工監督の村上さんが関学出身で、先輩でもある関学鳥内監督に言いようにホメ殺されてました)

見所は、電工の強力オフェンス×立命の強力ディフェンス。ここにつきるように思います。特に電工攻撃時のライン戦が見物でしょう。ここで立命が押されてしまうようであれば、手も足も出ない可能性が高いです。立命としては、第1列でしっかりと電工石野のランを止めて、高田のパスや個人技に対応していきたいところでしょう。

逆に立命攻撃×電工守備のときは、ハッキリ言って立命のオフェンスにはさほど期待できないでしょう。松森の個人技がどこまで通用するか、にかかっています。あとは、アラフォーの電工DL脇坂が休んでいる間にどれくらい進めるか…。

立命としては、守り合いの我慢比べに持ち込みたいところでしょう。
去年のような点の取り合いは期待できませんが、違った展開でのスリリングな試合を期待しています。

<以下追記> 17-13と「注文通りの展開」に持ち込んだ立命館が競り勝ちました。 最後の最後まで目の離せないスリリングな展開でしたが、ラスト1分を切ってから、”ザ・ドライヴ”のような奇跡は起きませんでした。 学生でも、しっかりと準備をすれば社会人に勝てる、と言うことを証明した立命館大学パンサーズに拍手を… とはいえ、やはりライン戦である程度互角に戦えないと、と言うのも痛感させられました。 今年は、この立命に勝って…。うーん。勝てるかなぁ

|

« 謹賀新年 | トップページ | 12月度 検索ワード/フレーズランキング »

アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

二画面で音声無しで観てました。

4Qで立命館がUNNECESSARY ROUGHNESSの反則をした時はやばいかと思ったのですが。やはりパナ電の攻撃を封じ込めた立命館のディフェンスの勝利でしたかね。もちろん2TD奪ったオフェンスもすばらしいと思いますが。

投稿: ぼぶ@さいたま | 2009年1月 3日 (土) 18:01

審判は落ち着いて良いジャッジを下していたと思います。
あの反則の時も、よく高田の左膝がついたのを見ていたし、膝が付いた次点でギャンブル失敗=ターンノーバーというのも落ち着いて判断できていたと思います。
最後のプレーも、流れでそのままビンゴの判定でもよかったんですが、しっかりと他の審判に確認した後で、というのも好感が持てました。

勝因はおっしゃるとおりディフェンスでしょうね。
メンバーの能力もさることながら、ディフェンスコーディネーターのコールもさえてたんじゃないですかねぇ。

投稿: ヒデ | 2009年1月 3日 (土) 20:39

>>膝が付いた次点でギャンブル失敗=ターンノーバー

そうそう、音声を出していなかったんでなぜ立命館の攻撃に変わったのかわからなかったのでした。ギャンブル失敗だったんで攻撃権を立命館に移しての15ヤード罰退だったんですね(PENALTYがDECLINEされた訳ではないですよね?)。これで合点がいきました。

もし審判が見逃していたら大変なプレーでしたね。NFLであれば当然チャレンジのコールがあって審判がビデオを観るのでしょうけども。

投稿: ぼぶ@さいたま | 2009年1月 3日 (土) 23:59

>>ギャンブル失敗だったんで攻撃権を立命館に移しての15ヤード罰退だったんですね

そういうことです。

もし、膝をついたのを見逃してれば、おそらく正当なタックルとしてタックルされた場所で立命ファーストダウンでしょう。
あれが3rd downなら15ヤード進んで電工のAutomatic FDだったんですが、4th downだったのがミソですな。

投稿: ヒデ | 2009年1月 4日 (日) 17:39

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライスボウル(結果追記):

« 謹賀新年 | トップページ | 12月度 検索ワード/フレーズランキング »