« 今から日生ライヴ | トップページ | かんち(東京ラブストーリーに非ず) »

【関西学生アメフト】Div.1 いざ、決戦へ

週末のアメフト、ラスト2試合となり、また、実力的に近いチーム同志の戦いとなって、
各ゲーム白熱したようでした。

まず、土曜日11/15は神戸ユニバーにて。

  1Q 2Q 3Q 4Q Total
甲南大 3 0 0 0    3
神戸大 3 0 7 7   17

今シーズン台風の目となった両校の対戦は、神大が後半地力をみせて押し切りました。

神大は3勝3敗とタイに持ち込み、入れ替え戦出場は免れました。

甲南は1勝4敗1分け。最終節に入れ替え戦がかかります。

  1Q 2Q 3Q 4Q Total
関学大 7 7 8 10 32
関西大 13 6 0   0 19

試合開始から、いきなり関大がキックオフ・リーターン・タッチダウンを決め、モメンタムを引き寄せ、浮き足だった関学はファンブル(関大がカバー)まで起こしてしまい、13-0から追いかけるハメに。その後もFGを決められ、19-7となるも、加納のパスで19-14としてハーフタイムを迎えると、完全に試合は落ち着いてしまったようです。
後半はディフェンスが得点を許さず、オフェンスも毎QにTDを奪って、終わってみれば鮮やかな逆転勝ち。「楽勝続きで立命と当たるより、こういう試合も経験してよかった」とは、鳥内監督のコメントですが、やや余裕のコメントとも受け取れますな。
次の日、立命はKGよりもっと青ざめるような試合をすることになります。

関学は6戦全勝で立命との最終決戦へ。

関大は序盤の不振が響いて2勝4敗。最終戦の結果によっては入れ替え戦出場もあります。

そして、本日11/16日曜は西京極にて

  1Q 2Q 3Q 4Q Total
近畿大 0 0 7 0 7
同志社大 0 0 0 0 0

痺れるような守備合戦は近大に軍配。

近大は2勝4敗。関大と同じく入れ替え戦出場は最終節の結果次第。

同志社は6戦全敗で、8位決定。龍谷大×金沢大の勝者と入れ替え戦を戦います。

  1Q 2Q 3Q 4Q Total
京都大 3 10 0 0 13
立命館大 7 0 0 7 14

第2試合は驚きの試合展開、京大ギャングがモンスター軍団をあわや、というところまで追いつめましたが、最後の最後ようやく立命がうっちゃり勝ち。

京大の再建は順調に進んでいるようですね。前節の関学戦はよもやの大敗でしたが、水野監督のコメントによると「あれで自信を喪失した」部分があったのが敗因の1つだそうです。最終Qは浮き足立ってしまいましたかね。でも、若手が多いチームだし、来年はもっと怖くなりますね。

立命は6戦全勝で関学との最終決戦へ。

京大は3勝2敗1分けで、最終節に勝てば3位です。

その最終節ですが、

11/29(土)
Expo Flash Fieldで
神大×近大、 関大×京大

王子スタジアムで
甲南×同大

11/30(日)

神戸ユニバーで
関学×立命

なお、神戸ユニバーで関学は立命に負け知らずらしいです(^◇^)。

まあ、滋賀県草津市から神戸市総合運動公園まで行くだけでも相当消耗しますからね(^◇^;)。まあ、どっかのホテルに泊まるでしょうけど…。

なお、ラグビーは最終戦(v天理大)を残して単独首位ですね。最終戦は引き分けでも関西制覇となるようです。負けたら2位ですが…。いずれにせよ、全日本選手権には大手を振って出場できます。

|

« 今から日生ライヴ | トップページ | かんち(東京ラブストーリーに非ず) »

アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

ラグビーは関学が行きそうですな。

関東対抗戦は帝京が明治を粉砕し、どうも対抗戦優勝しそうです。帝京が確か筑波と立教戦、早稲田は慶応と明治戦が残ってます。帝京負けそうな感じじゃないもんなぁ。筑波あたりやってくれないかなぁ

投稿: ぼぶ@昼休み | 2008年11月18日 (火) 12:42

明治は選手権に出られないそうですね。

早稲田とは致命的に差が開きましたが、それでも早明戦は別なんですかね。
(アメフトの関京戦は、よく前評判が覆ります)

帝京、野球やサッカーが強いのならわかるんですが(高校が強いし)、なんでラグビーが強くなったんですかねぇ。

投稿: ヒデ | 2008年11月18日 (火) 17:45

一応早慶戦、早明戦は別物です。(早慶戦の方がより別物度が強い) よって下馬評通りに決まらないことはままあります。これは早稲田が弱かった時代にも言えました。

帝京は今年いきなりではなく、地道に力をつけていました。昨年も大学選手権準決勝まで来て、早稲田と接戦を演じましたし、毎年のように早慶明のどれかを食ったりしてました。と言うことでタレントも集まって来ていたんじゃないですかね。

ちなみにニュージーランドとサモアからの助っ人外人もいます。

それと監督の力が大きいかも知れませんな。日体大OBで滋賀の八幡工の監督をやって、高校の全日本チームの監督もやった方だそうです。

投稿: ぼぶ@豊橋 | 2008年11月18日 (火) 21:24

帝京と言えば「小型早稲田」的なイメージ(良くも悪くもバックス勝負みたいな)だったんですが、とうとう本家(?)に追いついたわけですね。

しかし、八幡工の先生が行ってたとは…。

道理で、八幡工、長年続いていた花園出場を逃してしまうわけだ。

関学も今年の好成績で、逸材が集まればええんですけどね。

投稿: ヒデ | 2008年11月18日 (火) 23:42

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【関西学生アメフト】Div.1 いざ、決戦へ:

« 今から日生ライヴ | トップページ | かんち(東京ラブストーリーに非ず) »