« 【センバツ】決勝 紫紺の優勝旗は沖縄へ | トップページ | 劇的逆転!”新鮮力”活躍 »

フェスティバルホール

300pxfestival_hall01_2048  今年は広島市民球場が取り壊され新球場に移転し、大阪のシンボルの一つ「くいだおれ」も閉店と、色んなものが節目を迎えているが、日本が世界に誇る名門ホール・大阪フェスティバルホールも誕生50周年の今年いっぱいで現在のホールを閉鎖し、建て替えを行うらしい。

 ホールというのはある意味楽器の一種であって、今と同じような設計配置を行っても同じような音響効果が得られるとは限らず、甲子園カップでもおなじみの星崎研二さんが敬愛してやまない山下達郎氏も「ここを壊すのはカーネギーホールやオペラ座を壊すのと同じこと。愚行です!」と語っているそうだ

 新しいホールがどんなホールになるのか楽しみでもある反面、私自身学生時代にこのホールで4年間定期演奏会を行っていたので、非常に思い入れもあって寂しい思いの方が強い。

1回生の時、大学に入って楽器を始め、わずか3ヶ月ばかりで初めてフェスのステージに立った(当時は部員不足だったのだ)。当時はフェスの価値もわからず、実際に吹けたのは最後の曲の最後の長音(実音ド)だけ。2時間足らずステージにいて音を出したのはたったの2~3秒だったけど、それでも感激してなかなか寝付けなかったのを覚えてます。

という個人的な感慨を置いても、山下達郎氏の意見に賛成ですわ。何とかならんもんですかねぇ。

とりあえず、今年中には「お別れ」(にならないことを切に祈りつつ)にクラシックのコンサートにでも出掛けたいなぁ…。

|

« 【センバツ】決勝 紫紺の優勝旗は沖縄へ | トップページ | 劇的逆転!”新鮮力”活躍 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

これは全然知りませんでした。京阪新線開業を見据えて、中之島に開発ブームが起こってるんですかね?
この手の文化遺産を遺すことが日本は下手ですなぁ。阪急梅田のコンコースとか・・・

投稿: 0223. | 2008年4月11日 (金) 00:02

高校生の頃は大阪城ホールも京セラドームも無く、コンサート(当時は【ライブ】とは言わなかった)会場のトップはフェスティバルホールでした。
その次が厚生年金会館で、次がサンケイホールって感じで。
チューリップに太田裕美にイルカ…だったかな、行ったのは

中之島は仕事で時々行きます。今のうちにしっかりと見ておいた方がいいようですね。

投稿: シルク | 2008年4月11日 (金) 00:51

>0223.さん

開発ブームというか、そのムーブメントはひとえに朝日新聞・放送グループがやらかしてることですわ。
特に朝日放送の本社移転を中心に据えてフェスのビルも建て替えるみたいですね。

いつぞやか外国の政治家から「MOTTAINAI」という言葉を逆輸入してましたが、こういうのこそホンマにもったいないと思います。

この話も「アサヒる」さん得意の「ねつ造」であってほしいんですが

投稿: ヒデ | 2008年4月11日 (金) 00:59

>シルクはん

つい先日も「さだまさし」が初めてフェスでコンサートをしたときと同じ曲目でコンサートをしたそうです。

外観とかは写真に残しておけるけど、音楽って一期一会な部分が大きくて、ライブと録音とではまた違いますやん。

そう考えると、う~ん、何とかならんのかな~。と思いますね。

投稿: ヒデ | 2008年4月11日 (金) 01:07

 四ツ橋の大阪厚生年金会館もなくなるらしいですよ。あそこの芸術ホールはまあまあだったのになあ。メルパルクはもうひとつだという出演者の声もあります。

 とって変わるのは北口の兵庫県立芸術文化センターでしょうか?ヒデさんの出身校もここで定期演奏会する様になったそうですし(^_^;)。

投稿: アトムズ | 2008年4月11日 (金) 21:34

>>北口の兵庫県立芸術文化センター

結局あそこでやったのは一昨年の1回だけで、去年はフェスに戻してました。

一昨年は地元に新しいホールができたから、ということでやったみたいですが、「新しいもの見たさ」の客が異常にやってきたのと、キャパが小さいので入場できないお客さんが多数出てしまい、トラブルになってしまったんですわ

まあ、フェスの場合はなくなるわけではなく、建て替えなんで、まだましですけど。
母校の定演は今後どうするんかなぁ。新しいフェスで引き続きするのか、シンフォニーへ移るのか…。

投稿: ヒデ | 2008年4月12日 (土) 00:08

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェスティバルホール:

« 【センバツ】決勝 紫紺の優勝旗は沖縄へ | トップページ | 劇的逆転!”新鮮力”活躍 »