« Google Earth | トップページ | センバツ出場校決定 »

ライスボウル回顧とスーパーボウル

NFLもいよいよスーパーボウルを残すのみとなりました。

今年は史上2度目のパーフェクトシーズンをめざすニューイングランド・ペイトリオッツと、我等が(^_^;)カウボーイズを破って何年ぶりかで進出したニューヨーク・ジャイアンツのカードとなりました。

ジャイアンツはLTことローレンス・テーラーがいた頃以来ですね。あの時は相手(ビルズ)のFGが外れて優勝決定、とスリリングな試合でした。

三河のBさんはやはりジャイアンツでしょうか?私はカウボーイズが敗退した時点で、興味は”パーフェクトシーズン”のみとなっております。

試合は現地で2/3、アリゾナで。日本時間は2/4ですな。録画して家で見ますので、当日はネットなどで情報を仕入れないようにしなければ…。

国内のアメフトはライスボウルを最後にシーズンオフです。

そのライスボウルで、「チーム最多パス獲得ヤード564ヤード」と「個人最多パス獲得ヤード553ヤード(#9三原)」の二つのレコードを打ち立てたオフェンスのコーチ・小野宏さんがファイターズのサイトで、このときの攻撃を振り返ったコラムを「爆発(explosion)~史上最高のパスゲーム~」と題して書かれています。

小野さんは過去にも法政と21-21で両校優勝となった甲子園ボウルでの最後のドライブを「59秒の真実」としてまとめておられますが、元朝日新聞記者だけあって、文章がうまいです。文章に引き込まれ、目の前にあの時のあのプレーがいきいきと蘇ってきます。

毎日更新とのことで、まだ2回目が終わったところですが、ライスを(テレビでも現地でも)観戦された方は、是非一読をお勧めします。

|

« Google Earth | トップページ | センバツ出場校決定 »

アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

ジャイアンツの戦力がどうなのかよくわかってないので、なんですがはやりペイトリオッツでしょうなぁ。

興味は仮にジャイアンツが勝てば兄のペイトン・マンニング(コルツ)に続いて弟のイーライ・マンニングがスーパーボウルを制覇となり、兄弟制覇というになります。今まで兄弟(QB)制覇したことあるのかな。他のポジションならありそうですけど。

ぼくも録画して夜観ようっと。

投稿: 三河のB | 2008年1月22日 (火) 22:29

小生の場合はNFC決勝でGBが負けたので今シーズンは終わりました(笑)NEは好かんチームなので、スーパーでは一応NYGを応援します。
そのNYG、第5シードから敵地で3連勝して勝ち上がってきたのだから普通ならその勢いで一気にスーパーを勝ち取りそうなものですが、なにせ相手が悪い。
さらに負傷等によってDB陣の戦力が低下しているらしいので、フロントメンが頑張れずにパスを簡単に通されるようだと、大差が付くかもしれません。

投稿: 0223. | 2008年1月22日 (火) 23:45

>両巨頭、お揃いで(^_^)

日本のプロ野球に例えれば、名前はともかく、NEの方がジャイアンツチックですな。
ランディ・モスがNE入りして優等生になったのとO笠原や○ミちゃんがヒゲを剃ったのとかぶって見えます(^_^;)。

0223.さんがGBびいきというのも、妙に納得がいきますな。どちらも市民球団・おらがチームですし。

もし、NYGが勝てば、来年のスワローズやカープだって「何とか3位に滑り込んで、あれよあれよと短期決戦をものにする」という希望がもてるかも(^_^;)。

投稿: ヒデ | 2008年1月23日 (水) 12:34

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライスボウル回顧とスーパーボウル:

« Google Earth | トップページ | センバツ出場校決定 »