« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | Google Earth »

ライスボウル

Ricebowl 既報通り、観てきました。

結果はご存じの通り、52-38で松下電工インパルスが勝ちました。

しかし、地力の差は随分とあったように思いますし、第3Qくらいは「ひょっとしたら…」という展開まで持ってきたので、大善戦と言っていいと思います。何より、【猛守】とまで言われた電工ディフェンスから38点も取ったんですから。

個人的には、今シーズンの観戦で初めてキックオフ前に席に着くことが出来、部歌"Fight on"を聴けただけでも満足できました。試合内容より、そこで鳥肌立ちました(^_^;)。

Img_1556 Img_1561

観衆は関西勢同志の戦いにもかかわらず34,000人を超える盛況でした。自由席だった私は最初、係員の誘導に従い、バックネット裏付近で席を確保したのですが、少しして気付くと2階席を開放したようなので、ゴンを連れて慌てて2階へ移動、最上段近くまで行きました。なんでこんなええ席を最初から開放しないのか不思議でしたかありません。また、我らが吹奏楽部(と言うか応援団)も貴重なオフを返上して上京しました。

思い起こせば、私がまだ2回生だったとき、KGが明治を下してライスに進出しましたが、当時まだ学生×社会人という形態になって第2回目ということもあって、ライスの位置づけがはっきりしていなかったこともあって、応援団は上京しませんでした。当時は学生の方が強かった時代やったんですが、結果はレナウンに猛追及ばず僅差の負け。前年は日大のQBだった松岡に2年続けてやられて、「負けたのは応援がなかったからとちゃうか」という声も聞こえてきました。

昔話はさておき、試合は開始早々電工オフェンスがビッグプレーを連発し、大量リード。関Img_1571 学自慢のオフェンスはそこそこは進むものの、決め手がない感じ…。

電工のお姉さん方も大喜びです(^_^;)。

後半どの程度アジャストできるのかな、と半分楽しみではありましたが、最初の攻撃シリーImg_1572ズで、ノーハドルオフェンスを展開し、一気にモメンタムをつかみます。

写真は青いアイシールド21・稲毛を使ったプレーアクションパス。電工#43脇坂は日本代表の主将を努めたDLのキーマン。二人がかりで止めに行ってます。

Img_1580 そして、第3Q3本目となる#9三原から#81榊原へのTDパス(左写真)が決まり、14点差。

ディフェンスの健闘もあって、流れは第4Qに入っても止まらず、三原のパスを中心に攻め上がります。特にこの日、キープレーになっていたのが、ショベルパスでしImg_1590 た。左写真のようにランのすぐ後ろにいるランニングバック(#38)にパスして、ランニングバックの走力にかけるプレーです。たまにアジャストされてましたが、結構出ることが多かったので、頻繁にコールされてましたね。

このあと、もう一本TDを上げて7点差まで追い上げ、「ひょっとしたら…」と夢を見させてくれましたが、結果としてはここまででした。このあと、良いところまで攻めたあとファンブル(電工のナイスサック)とインターセプトがあり、万事休す。

Score MVPは立命館時代に苦しめられたQB高田。この日は、オプションプレーで足をくじいていましたが、終盤執念で復帰し、とどめを刺すTDを演出しました。

Mihara1 Mihara2 なお、この日投げまくった三原雄太(かずた)選手のパス獲得553ヤードはライスボウルレコードだそうです。

ただ、前出のショベルパスも、当然パスに含まれますが、このプレーはパスはパスでも限りなくランプレーに等しいパスプレーなので、多少割引が必要かもしれませんが、それにしても成功率76%とこの舞台で良くこれだけの数字が残せるな、と言うのが率直な感想です。

なお、スタッツはこちらこちらをご覧ください。

Kanagon 最後に、オヤジのわがままに付き合って、「白い人」の応援に東京まで一緒に来てくれたゴン(牝3)ちゃんに感謝します。

|

« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | Google Earth »

アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

 7点差にまで追いついた時は逆転を期待したんですが...。

 最後のインターセプトでテレビ消しました(^_^;)。

投稿: jaydash | 2008年1月 8日 (火) 23:33

はじめまして、シルクさんのご紹介?でやってきました。
ライスボウルに来られていたんですね。私も東京ドームで見ていました。三階席にいらっしゃったんですね!いいなあ。

特にどっちの応援と言う事もなかったので、松下側で見ていましたが、後半の関学の追い上げに、いつの間にか関学を応援してました。最後のオンサイドキックが成功した時はもうドキドキワクワクでしたが、最後のインターセプトが・・・残念でした。

アメフト初心者なので、何がどうとまでは言えない自分がもどかしいのですが、最後まであきらめなかった関学の選手たちに、新年早々パワーを分けてもらった気がします。良い試合でしたね。

投稿: 川崎まりんず | 2008年1月 9日 (水) 22:30

>jaydashちゃん

ハイスコアの戦いは、関学側の望むところやったと思うんですがね。勝負所でのターンオーバーが…。ただ、関学側のミスと言うよりディフェンスのプレッシャーを褒めるべきでしょうね。

>川崎まりんずさん、初めまして(^_^)

3階席は当然指定席だと思ってたんですが、自由席、しかも1階が埋まってから開放でした。アメフトは高いところからの方が全体がよく見えて観やすいから、特等席なのに私としてはラッキーでした。
試合の方は、前半どうなることかというくらい点差が開いてしまいましたからね。それが後半あんな良い試合になるとは。
今シーズンは3試合(関立戦、甲子園、ライス)も観戦に行き、全てナイスゲームでした。
また、何か機会がありましたら、是非観戦に行きましょう。ただ、関学は今年のチームが4回生中心なため、しばらくはライスまでたどり着けなさそうです(^_^;)。

投稿: ヒデ | 2008年1月10日 (木) 00:27

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライスボウル:

« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | Google Earth »