« 決戦の日曜日 | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます »

タッチダウン

ご無沙汰をしております。

ハル(牡7)が腸炎で3日ほど入院したりして、慌ただしく過ごしております。

Td_463 さて、アメフト関係は総決算の時期となりまして、老舗専門誌の『Touchdown』で、甲子園ボウルの興奮を思い出しつつ、ライスボウル生観戦の可能性を探っておるところであります(^_^;)。

その月刊『Touchdown』誌ですが、2ヶ月連続でKG三原君が表紙を飾っておりまして、今シーズン既に3度目となっております。

そんな彼、卒業後は実業団のない会社への就職が決まっているような記事を読みました。卒業後のプレー続行は今のところ未定だそうです。そんな事情があってか、我がブログへも三原君の進路に関する検索がかかっております。

残念ながら、私は彼の就職先も今後も知りうる立場にはございませんので、悪しからずご了承下さい。

まあ、少しだけ言えることは、彼は高等部出身で経済学部であると言うこと。高等部から経済学部へ進むヤツは、相当頭が良いです。少なくとも私が現役の学生やった頃は…。芝川とのホットラインで有名だった堀古とか、それこそ「京大行けば?」って言うくらいのレベルでした。その堀古、当時の東京銀行に就職して今はNYでファンド会社を作ってます。今月号のTouchdownに彼がファイターズのWR榊原君に宛てたメールの記事が出ていて、フットボール関係では彼の名前を久しぶりに見ました。

いよいよ、1/3はライスボウル。見所はやはり関学オフェンス×電工ディフェンスですが、勝負の行方は逆に関学が電工のオフェンスをどれくらいでしのげるか、にかかっていると思います。春、日本代表相手の強化試合でもそれなりに進んでいたんで、関学のオフェンスはそこそこ出ると思います。電工の守備は確かにすごいですが、数字だけで見ると日大のDほどスピードはないようですし、プレッシャーを受けた中でのプレーにはもう慣れてるでしょうから(^_^;)。いやあ、観に行きたいなぁ。ま、観に行けなくても、ライスは生中継があるんでありがたいです。

Nepatriots 海の向こうでは、ニューイングランド・ペイトリオッツが史上初シーズン16戦全勝の偉業を成し遂げました。これからポストシーズンに入るわけですが、スーパーまで制覇となると、(確か)72年のドルフィンズ以来のパーフェクトシーズンと言うことになります。ただし、ドルフィンズの時はシーズン14戦だったようです。ちなみにそのドルフィンズ、今シーズンはようやく1勝をあげ、なんとか『逆パーフェクトシーズン』を免れました(^_^;)。

ペイトリオッツですが、ウィーク9のインディアナポリス・コルツ戦をBS1で見ましたが、これはすごかった。ホンマにすごい試合でした。一発勝負のポストシーズンでペイトリオッツを任す可能性があるとすれば、AFCではやはりコルツでしょうねぇ。あとは、スーパーボウルで我らが(^_^;)カウボーイズがでてくるのか、ベテラン・ファーブが率いるパッカーズが来るのか…。

てなわけで、年末年始はラグビーや駅伝なども含めてスポーツ観戦三昧になりそうです。

みなさま、よいお年を!

|

« 決戦の日曜日 | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます »

アメリカンフットボール」カテゴリの記事

コメント

母校の健闘をお祈り申し上げます。
私の母校は早々にシーズンを終えました/(-_-;)\

投稿: Mizo | 2007年12月31日 (月) 20:15

自宅のパソコンが新年早々ネットに繋がりません○| ̄|_

MIZOさん、本年もどうぞよろしくお願いします。
この時期までアメフトができるのは、全国で2チームだけなんですね。
我が母校は、この競技しかありませんので(^_^;)

投稿: ヒデ@ケータイ | 2008年1月 2日 (水) 09:06

三原選手は博報○でしょ?

投稿: 123 | 2008年1月 4日 (金) 00:59

>123さん、初めまして

昨日の新聞に『大手広告代理店』と出てましたから、多分そうなんでしょうね。個人的には興味ないので…。
ただ、せっかくの才能だし、できればフットボールを続けて欲しいな、と思います。

投稿: ヒデ | 2008年1月 5日 (土) 01:55

堀古さんをご存じのヒデさんなら知っているのではないかと尋ねさせて頂きます。
たしか堀古さんと同期で日大との甲子園ボウルで引き分けに持ち込んだ立役者、QB野村さんはその後どうされたか、ご存じないでしょうか?
野村さんが2、3年次は芝川さんがスタートQB、4年次は溝口さんがスタートQBになったというのが私の記憶です。その後は表舞台に立つことはなかったのでしょうか?

投稿: Mizo | 2008年1月15日 (火) 21:03

>Mizoさん、返事が遅れましてすいません。

野村君については、ご記憶の通りで間違いありませんが、その後については全くわかりません。
彼はKGには珍しいオプションQBで、特に1年時の甲子園では、前年日大が京大のオプション攻撃の前にズタズタにやられたこともあって、彼が抜擢されて狙い通りの活躍をしたと記憶しています。
ただ、当時は第1次ショットガン導入時期だったこともあり、主戦はパッサーの芝川さん、溝口くんとなっていったのだと思います。
4回生時の関京戦前、グラウンドの練習を足を止めてみていたのですが、「練習見学はご遠慮願えますか」と言いに来たのが野村君でした。その時に「最後の関京戦でも彼の出番はないのか…」と悟りました。

投稿: ヒデ | 2008年1月28日 (月) 15:16

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タッチダウン:

« 決戦の日曜日 | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます »