« 出戻りのエース | トップページ | 愛の流刑地、今月で終了 »

ウィルソン・ピケット

アメリカのソウルシンガー、ウィルソン・ピケットが亡くなったそうだ。

 日本ではあまり知られていない存在だが、R&B界大御所の一人である。「ダンス天国」の一節「La~Lalalala~」の部分などを聞けば「どっかで聞いたことがある」と思われると思う。私が大好きだったRCサクセションのルーツミュージックの一つでもあり、彼らの円熟期のライヴアルバム「ティアーズ・オブ・クラウン」でも、オープニングで代表曲の一つ"In the Midnight Hour"が収録されている。

 あまり日本で知られていないだけに情報も少ないが、他のアーティストたちのコメントも気に掛かるところである。特にJBことジェームス・ブラウンがどういう発言をしただろうか。例によって「アイツは俺から多大な影響を受けたやつだからな…」とホンマのことやねんけどおまえが言うことちゃうやろ、というようなことを言うてるんですかね。日本で言うたら森繁久彌みたいな存在やな(^_^;)。

ご冥福をお祈りします。

|

« 出戻りのエース | トップページ | 愛の流刑地、今月で終了 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

♪ラーララララー、ララララーラララーラララー
いやあ、私、【ダンス天国】しか知りまへん(^^;

こんなラーラー書いてたら、【昼飯はラーメンにしよう】という暗示にかかりますな。

暴力沙汰を起こしたりして寂しい晩年、とは知りませんでした。合掌。

投稿: スチャラカ課長 | 2006年1月21日 (土) 10:16

>>♪ラーララララー、ララララーラララーラララー

昔、この部分の音を聞いてツレが「和田アキ子?」と言いました(^_^;)。でも、よく聴くと確かに似てるんですよね(^_^;)。

投稿: ヒデ | 2006年1月21日 (土) 15:44

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィルソン・ピケット:

« 出戻りのエース | トップページ | 愛の流刑地、今月で終了 »